FLOW

初回打合せ

 

建築設計・各種デザインに対する御要望、条件、ご予算等を伺います。
この最初の打ち合わせがとても大切です。
お互いにじっくりと夢を語り合いましょう。

 

 
基本計画  
1.依頼の意思が固まりましたら、仮契約を結びます。

2.現場確認及び法規制調査(建築基準法等)を行います。
(ボーリング調査及び測量の費用は別途)

3.前回の打ち合わせを基に基本計画案(平面図、工程表等)を提案し
具体的なイメージの方向を確認します。

 

基本設計

1.基本方針決定後、設計監理本契約を結びます。

2.基本構想の打ち合わせ時の要望をふまえて、修正変更案(概要書、平面図、立面図、模型等)を提案します。
概算見積りなどをこの段階で作成する場合もあります。

 

実施設計

基本計画案が決定しましたら、実際の工事用図面を作成いたします。
打ち合わせを行いながら設計図書の作成、構造計画、設備計画、
仕上げ材料等の検討を行います。
また基本設計段階での概算見積もりは「概算」にすぎないので、
実施設計を行わないと正確な見積りを把握できません。
(実際に実施設計を行い、本見積りの作成をすると、概算見積もりと大幅な価格差が生じる場合もあります。)

 

申請業務

実施図面作成と平行して行政若しくは、民間の建築検査機関に対し、
建築確認申請書等を作成し提出いたします。

 

見積依頼

実施設計で作成した設計図書を基に、建設会社に対して見積り依頼をします。
発注先は特定の1社のみに行う場合と、数社(3~4社が一般的)に発注する
競争入札形式があります。前者には設計段階からの相談が可能で、
時勢に応じたコスト面や技術面でのアドバイスや、提携金融機関からの
融資関係などのサポ-トが可能というメリットがあり、
後者には競争原理によるコストコントロ-ルというメリットがあります。
また、それぞれにデメリットもある為、一概にどちらが最善という事はありません。ケ-スバイケ-スと考えるのが妥当なようです。

 

見積調整

作成された見積もり書を基に、価格が適正であるかの査定や、
予算を超過している場合などは設計変更などを行って、
予定予算へ近づける為の調整を行います。

 

建設会社の決定

競争入札の場合、見積り内容及び金額のチェック、交渉を行い、
建設会社の実績、対応の善し悪し等も併せて、条件にあった
最適な建設会社を選定いたします。

 

現場監理

選定された建設会社との工事契約(お客様と建設会社との直接契約)を
行っていただきます。
(設計事務所立会い)建設会社との契約が終わると工事開始となります。
同時に我々の業務としまして現場監理業務(現場の監理を行い、
図面通りに工事が進められているか、手抜き工事が行われていないか等の
チェック、建物の質を上げる為の最終調整)を行います。
現場監理業務は工事を請負っている建設会社の監理と、
現場段階で必要な詳細指示を施主の代理で行うと考えて頂ければ
分かり易いでしょう。

 

施工・引き渡し

工事完了後、竣工検査(施主、設計事務所、建設会社、行政による)を行い、
お引渡しとなります。

 

メンテナンス

基本は一年後に建設会社と共に点検を行います。
その時に見つかった不具合の調整や補修工事を行います。